ニュース速報

    「増えている血液のがん 多発性骨髄腫」

    赤血球や白血球は骨の中にある骨髄で作られるが、そのとき、白血球の元になる形質細胞ががん化してしまうことがある。それが複数の場所で起こるのが多発性骨髄腫。いわゆる「血液のがん」の一種だ。がん細胞が増えると正常な血液細胞が少なくなるため、貧血や息切れなどの症状があらわれ、感染症にかかりやすくなる。また骨が弱くなったり腎機能が低下することも。正常な造血幹細胞の移植や抗がん剤、放射線などの治療法を解説。