ニュース速報

    「加齢黄斑変性 最新治療情報」

    目の網膜の中心「黄斑」に出血やむくみが起き、ものがゆがんで見えたり視力が低下したりする病気「加齢黄斑変性」。進行すると視力が戻らないため、早期発見早期治療が何より大切。治療の第一選択は、「抗VEGF薬」を目に直接注射することだが、「光線力学療法(PDT)」を併用することで、治療費や通院の負担を減らすこともできる。治療のチョイスのポイントを専門医がじっくり解説。予防の研究についても伝える。