チョイス@病気になったとき

患者目線にこだわって、お医者さんには聞けない、でも本当は知りたい、治療や対策のチョイスのポイントをお伝えします。

共有

「食中毒 治療・予防 徹底解説」

初回放送日:2024年7月7日

暑い夏は「食中毒」に注意が必要だ。「カンピロバクター」や「サルモネラ」などの細菌が繁殖しやすいからだ。主な症状は、高熱、腹痛、吐き気、下痢など。治療は「脱水」にならないよう水分をしっかりとること。症状が重い時は抗菌薬を使う。また魚介類に潜む寄生虫「アニサキス」による食中毒にもご用心。食べる前にしっかり加熱か冷凍することで防ぐ。番組では食中毒の原因と治療、予防について実演を交えながら丁寧に解説する。

放送内容

目次
  • 食中毒の原因 注意が必要な細菌や寄生虫
  • サルモネラ属菌の食中毒
  • カンピロバクターの食中毒
  • アニサキス症とは
  • 食中毒予防の三原則

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    佐々木 陽典
    東邦大学医療センター大森病院 総合診療・急病センター 教授