ニュース速報

「肝がん 治療のチョイス」

肝がんの治療方針を決める大きな要因は、肝機能の状態。手術は体の負担が大きいため、肝機能が大幅に低下している場合は避ける。がんが小さければ、がんを焼き切る「ラジオ波焼灼療法」、多発していたり大きかったりした場合には、血管を塞いでがん細胞を「兵糧攻め」にする「肝動脈塞栓療法」と、できるだけ負担が少ない治療をチョイスする。転移した場合に使う分子標的薬には、新薬が次々登場。肝がん治療の最新情報を伝える。

このエピソードについて

  • チョイスのポイント