ニュース速報

この番組について

テレビを見ながら出演者と一緒に5分間の筋トレ。それで引き締まった理想的なボディを手に入れよう!という番組です。最新の理論を駆使した効率のいい筋トレメニューで、筋力と体力の向上をみんなで目指しましょう。

  • 筋肉指導 谷本道哉 (近畿大学准教授)

    いつもそうなのですが、今回も全部の種目にちょっとした工夫を入れています。「下半身サーキット」では、スクワットは、つま先をちょっと外に開くと股関節の可動範囲が大きくなり深くしゃがめます。ヒップリフトは、骨盤の動かし方ひとつでお尻も、もも裏の効き方も全然違うんです。また、「体幹スーパーセット」は、腹筋背筋を交互に行うメニューです。ポイントは、「キュー!」と言う掛け声。声に出すことで筋肉を収縮させきりやすくなります。気持ちに勢いもつくと思います。「上半身スーパーセット」は、プッシュアップとローイングです。テンポを変えながら表側も裏側も存分に追い込んでいきます。続けていただければ、体型が逆三角形になっちゃうゴールしかなくなると思います。番組でもその都度、その都度運動中に動きのポイントを言っているので、正確なフォームでやり切ってほしいですね。今回は、「筋肉には国境がない」がテーマでした。“筋トレこそが仲よくなれる一番の方法”とまでは言いませんが、同じことをみんなでするっていいですよね。出身地も年齢も職業も違う人たちがみんなで笑顔になっている姿に、視聴者のみなさんも「イマジン」(ジョン・レノンの曲)してほしいなと思います。

  • 筋肉アシスタント 武田真治 (俳優)

    みなさん、収録日に初めて会った方々でしたが、筋肉という共通言語を通してまとまってトレーニングができたと思います。メニューもまた新しく、いつにも増して手強かったですね。特に「下半身サーキット」は、筋肉が疲れるというより息が上がって「運動した!」と感じられるセットになっています。また、「上半身スーパーセット」は、プッシュアップ(腕立て伏せ)が組み込まれていますが、ラミレスさんなど体が大きい人には正直キツいかなと思います。自重トレーニングは、大活躍したプロのアスリートの方でも簡単ではないようなので、トレーニング経験を問わず、とにかく思い切ってやってみてほしいです。こんな時代ですが、運動不足を時代やご時世のせいにしないで、僕たちと一緒にトレーニングしてみませんか。

  • 筋肉アシスタント アレックス・ラミレス (おとうさん)

    番組のオファーを受けて、最初はすごく驚きました。以前に放送されていた番組を拝見しましたが、タフなトレーニングと谷本先生の厳しい声がけに、「私にできるかな」と思いましたが、実際にやってみるとすごく楽しかったです。メニューにあった、スクワット、プッシュアップ、ステップも自分の中ではよくできたと思っています。腹筋には自信があるので、次回がもしあったら体幹のトレーニングもやってみたいです。また、スタッフの方にフォームがきれいだとおっしゃっていただいたので、見てくださる人にもそう言ってもらえたらいいですね。この番組の体操は、何歳になってもできるものなので、そういった意味では、いいメッセージが送れたのではないかと思っています。

  • 筋肉アシスタント ミョンヘ (フィットネスモデル)

    運動がしたいけどなかなか一歩が踏み出せないという方もたくさんいらっしゃると思います。最初からジムなどでしっかりトレーニングを頑張らなきゃ!という認識よりも、まずは負荷を軽くしてお家トレーニングから頑張ってみよう♪など、ご自身がチャレンジしやすい状態から始めてみるのもおすすめです。私も今回、プッシュアップ(腕立て伏せ)を床でやらずに負荷を軽くした状態で、立ったまま机に手をついてやりました。フォームを正確に行って頂ければ、たとえジムに行かなくてもおうちもしっかりと簡単にトレーニングができます。なおかつ継続して行えれば少しずつ、そして必ず自分の体は変わってきます。筋トレはご自身のライフスタイルに合わせて無理なく、自分にしかない美しさを追求していけたらいいなと思うのでリラックスしながら是非気楽に挑戦してみてくださいね!

  • 筋肉アシスタント 當間ローズ (歌手)

    番組のファンだったので、今回はかなり楽しみにしていました。もともと僕は体がかなり細くて、それを克服するために鍛え始めたんです。部位を細かく分けたトレーニングを週5ほど、そして水泳も12年やっていたので、自慢の肩の三角筋をポイントに見てほしいですね。今回のメニューは、丁寧にやればやるほど効いてきます。自分のテンポでゆっくりでもいいのでやってみてほしいですね。そして、僕は本気で“愛と筋肉は世界を救う”と思っています。愛を持って筋肉を育てれば、その変化によって自分が好きになっていくんです。とてもいい連鎖しか起こらないので、これからも筋トレを勧めていきたいです。自分を愛するために筋トレしましょう!

  • 筋肉アシスタント 安井友梨 (外資系金融機関勤務)

    「筋肉体操」の出演は今回で3回目です。今回は、日本代表のつもりで参加させていただきました。私は「下半身サーキット」に挑戦したのですが、5分で一気に汗だくになれるのですごくいいメニューだと思いました。これまで放送された全部のトレーニングをやってきましたが、このメニューが一番好きです。過去最高だと思います(笑)。自分の限界にチャレンジできる種目なので、ぜひやってみてください。私自身、以前はぽっちゃりOLで、30歳を過ぎてからトレーニングを始めたんですね。トレーニングをすると、きのうよりきょう、きょうよりあしたと、いくつになっても成長していくのが実感できるので、その楽しさをみなさんにも味わってほしいなと思います。

  • 筋肉アシスタント Tarun (ヨガマスター)

    今回の収録はとっても楽しかったです。体を動かすのは子どものころから大好きでしたし、ヨガの先生をしていることで、教える時間と自分のトレーニングの時間で多いときには8時間も動いているので体力には自信がありました。今日のメニューはやったことのあるメニューばかりでしたが、唯一「下半身サーキット」の“その場ステップ”は初めてで、足の筋肉にも効きましたが、頭の筋肉も使った感じです。最近は、おうち時間が増えてみなさんの体の動きが減っていますよね。体も心も、動きにくくなっているのではないでしょうか。ですが、体を動かすのは1日たったの5分でいいんです。何回もやりましょうとは言いません、ぜひ一度やってみてください。

  • 筋肉アシスタント アフナン・サバグ (歯科医学生)

    初めてのテレビシューティングだったのですが、すごくいい経験でした。私が出演した「上半身スーパーセット」では、プッシュアップと、ローイング(互いの手首を持って左右に引っ張る動き)をやりました。どちらもスピードを変えることでその都度違う筋肉が鍛えられるんですね。すごくおもしろかったですし、チャレンジしがいがあるので、みなさんにもやってみてほしいですね。ふだんは、ウエイトリフティングのトレーニングをしています。そのトレーニングにはたくさん種類があって、下半身、背中などいろいろな部位を鍛えているんですが、その中に今回のメニューも取り入れたいと思っています。

  • 筋肉アシスタント Dr.ネイト (形成外科医師)

    最初はできるだろうと甘く見ていましたが、いざ筋肉体操のメニューをやってみるとすごくきつかったです。僕は「下半身サーキット」「体幹スーパーセット」に出演していますが、どちらも最後までやりきることすら難しく、筋力だけではなく持久力も必要だなと感じました。1つ1つのフォームを崩さずにこなすことが重要で、谷本先生の言葉を借りると「地味だけどきちんとやれば効く」ということを意識してやりました。筋トレのきっかけは大学の先輩に誘われたからでしたが、今では歯みがきを忘れるとソワソワするように、筋トレをしないと落ち着かなくなりました。筋トレは継続することが大事です。続けていれば筋力は必ずついてきますし、理想のイメージに近づけますよ!

  • 筋肉体操ファミリー 村雨辰剛 (庭師)

    1988年生まれ ●自信のある筋肉は? 「上腕二頭筋ですね。懸垂に腕を使いすぎて、続けてきた結果、上腕二頭筋が他の部位と比べて圧倒的に発達してて、嬉しい反面、肩や上腕三頭筋が小さく見えてしまう悩みがあります。体づくりは全体のバランスがだいじですので上腕二頭筋に関しては最近軽くだけやっています」 ●好きなプロテインの味は? 「好きなプロテインの味は相変わらず「バニラ」です。だいたい何と合わせても相性が良いので時間がない朝、和食を作れない時はよくバニラ味のプロテインをいろんな物に混ぜ込んで食べます。おすすめはオートミールにバニラプロテインを混ぜ込んで食べること。タンパク質はもちろん、食物繊維もたっぷりでお腹の調子はいいです」

  • 筋肉体操ファミリー 井谷俊介 (パラ陸上選手:100m、200mアジア記録保持者)

    1995年生まれ ●自信のある筋肉は? 「大胸筋と大殿筋です!そして表情筋!!(笑) 」 ●好きなプロテインの味は? 「カシス味をスポーツドリンクで割って飲むのが好きです!」

  • 筋肉体操ファミリー 太田渉子 (パラテコンドー選手/元パラスキー選手:バンクーバーパラリンピック銀メダル)

    1989年生まれ ●自信のある筋肉は? 「腹斜筋です。テコンドーの練習で体を捻ったり腹筋を使って足を引き上げるので、下腹部にぽっこりと斜めの線が入っています(笑)」 ●好きな筋肉食は? 「プロテインはあると飲みすぎてしまうので控えていますが、バランスの良い食事を心がけています。一番好きな食事は、小さい頃から食べている山形の芋煮です」

  • 筋肉体操ファミリー 瀬立モニカ (パラカヌー選手:リオデジャネイロパラリンピック8位)

    1997年生まれ ●自信のある筋肉は? 「三頭筋と三角筋中部。理由:三角筋は気をつけの姿勢で最も存在感があるから。三頭筋は最近著しい成長を遂げており、ディップスで可愛がっているから」 ●好きな筋肉食は? 「私は筋肉がつくところが健常者に比べて3分の1しかないなので、プロテインは基本飲まないで食事から摂りたいと考えています。焼肉のタン塩は私の筋肉の大部分を占めていると思います」

  • 筋肉体操ファミリー 樋口健太郎 (パラパワーリフティング選手:72kg級日本記録保持者)

    1972年生まれ ●自信のある筋肉は? 「自信のある筋肉は腹筋です。6個に割れてるとかでは無く、腹筋のパワーだけは自慢出来ます」 ●好きな筋肉食は? 「好きなのはチョコレート味です」

  • 筋肉体操ファミリー 西川貴教 (ミュージシャン/T.M.Revolution)

    1970年生まれ。 自信のある筋肉は?「正直見せるための筋肉といった趣旨ではないので悩みますが...。強いて挙げるとすれば大胸筋は左右差がなく、バランスがいいと言われます」。 筋トレを始めたきっかけは?「元々痩せ型で食べても太れない体質でした。ソロデビュー後に長期のツアーや舞台などが増え、その都度全力で出し切るので脱水症状を起こして倒れる事が多々ありました。常にベストで、もっと良いパフォーマンスをしたいと強く思うようになり、模索し色々な方々に相談していました。そんな時、筋肉だったら鍛えた分だけ身体に反映されるし、心肺機能も強くなりボリュームもアップするので一石二鳥だと勧められ、今に至ります」。 筋トレの魅力は?「肉体が充実する事により健やかな精神で毎日を過ごせます。代謝も良くなり、自然と食生活もバランスの取れたものを必要としますし、睡眠も促してくれます。まさに“健全な精神は、健全な肉体に宿る”だと思います」。 好きなプロテインの味は?「最近はグルテンフリー、カゼインフリーをしているので、玄米や大豆、えんどう豆などの植物由来のプロテインを取るようにしています」。

  • 筋肉体操ファミリー 樽美酒研二 (エアードラマー/ゴールデンボンバー)

    1980年生まれ。 自信のある筋肉は? 「腹筋です。アブローラーをするのが日課です」。 筋トレを始めたのきっかけは?「紅白歌合戦の演出がきっかけで本格的に筋トレを始めました」。 筋トレの魅力は?「心身共に健康を保てる」。 好きなプロテインの味は?「メロン味」。

  • 筋肉体操ファミリー 川村虹花 (アイドル/仮面女子、総合格闘家)

    1995年生まれ。 自信のある筋肉は、「三角筋です。仮面女子で腕を出す衣装が多くて写真などで自分を見るとびっくりします。もはやアイドルの腕ではありません」。 筋トレの魅力は、「成果が目で見てわかるところと、前回よりもキツイトレーニングなどができるようになっていくので自分に自信がつきます。ファンは推し変するけど、筋肉は裏切らない」。 筋肉の悲哀は、「ファンの方にゴツくなったねと言われることですね」。 好きなプロテインの味は、「ココアです。甘くて飲みやすいのが好きです」。

  • 筋肉体操ファミリー ファイルーズあい (声優)

    自信のある筋肉は? 「まだまだ発展途上ではありますが、三角筋です!」。 筋トレを始めたきっかけは?「妻夫木聡さんが「ミュージアム」という映画の役作りのために筋トレで肉体改造をされているのを見て、「わたしもあの腕の筋肉欲しい!」と思ったからです」。 筋トレの魅力は?「ジムに行くだけでも「今日も頑張った!」と達成感がありますし、身体に変化が出てくると、もっと自分のことを好きになれるところだと思います!」。 好きなプロテインの味は?「バニラやミルク系が好きです」。

  • 筋肉体操ファミリー 小林航太 (弁護士)

  • 筋肉体操ファミリー 嶋田泰次郎 (歯科医師)

  • 筋肉体操ファミリー 中野元 (看護師)

  • 筋肉体操ファミリー 姚麗花 (獣医学生)

放送

  • 総合