ニュース速報

    封鎖解除から半年 中国・武漢の光と影

    ▽米司法省 IS元戦闘員を起訴▽ロシア 極超音速ミサイル開発▽米副大統領討論会 中国政策で激論▽韓国“ビラこそが祖国を変える”ある脱北者の思い※変更の可能性あり 武漢では、9月から全ての小学校で授業が再開され、ナイトクラブに若者たちが押し寄せ踊りを楽しむなど日常が戻りつつあり、当局の対策を評価する声も出ている。一方で家族を失った遺族は不信感を強めている。娘を失った女性は当局の情報隠蔽を批判し施設の前で座り込みをしたが、警察に強制的に排除された。女性は「娘のために責任を追及し続けたい」と決意を固めている。封鎖解除から半年、武漢の光と影を追う。