ニュース速報

    大量失業の“時限爆弾”抱えるヨーロッパ

    ▽ウッドワード氏「米軍、対北朝鮮作戦で核使用検討か」▽イラン核開発は?IAEA▽米、中国ウイグル自治区製品を輸入停止措置▽中国人観光最新事情 ※変更の可能性あり コロナ感染が拡大し始めた春、ヨーロッパ各国は矢継ぎ早に企業への休業補償など、失業対策を打ち出し、雇用を守ってきた。しかし、終了期限が迫ってきた今、それが時限爆弾となっている。従業員の8割の賃金を補償したイギリス。しかし、この措置は10月末に期限を迎え、このままでは11月に失業者は100万人超、失業率が8%に跳ね上がるという予測も。抑えてきた失業率の”爆発”がヨーロッパ経済に与える影響を伝える。