【解説】ロシアが集めるシリアの戦闘員 市民犠牲増加の懸念も(油井'sVIEW)

NHK
2022年3月9日 午後3:01 公開

ウクライナ政府の求めに応じ、これまで52か国 約2万人の志願兵が到着し、一部はすでに戦闘に参加しているといいます。

これに対抗するかのようにロシアでも、海外、特にシリアで戦闘員を募集する動きが明るみになりました。

外国籍のよう兵や志願兵が参戦した場合、現地の一般市民の犠牲が増える懸念がある中で、なぜロシアはシリアで募集するのか、その方法と背景を油井キャスターがわかりやすく解説します。

(この動画は2分38秒あります、3月8日に放送したものです)

ウクライナ情勢の最新情報についてはは地上波での再放送から1週間、NHKプラスでご覧いただけます。