国際報道 2024

世界がわかる 明日が見える

共有

国際報道 2024

ブラジル南部“史上最悪”大洪水の爪痕

初回放送日:2024年6月10日

4月末から5月にかけてブラジルを襲った大雨。被害を受けた南部リオグランデドスル州では、発生から1か月がたった今も多くの地域で水が引かない深刻な状況が続いている。 4月末から5月にかけてブラジルを襲った大雨。被害を受けた南部リオグランデドスル州では、発生から1か月がたった今も、多くの地域で水が引かない深刻な状況が続いている。地元当局によると、これまでに172人の死亡が確認され、40人以上の行方が分かっておらず、現地では感染症の拡大も懸念されている。被災地の現状や、経済・農業への影響、当局の対策などについて伝える。