国際報道 2024

世界がわかる 明日が見える

共有

国際報道 2024

半導体“台湾一極集中”の課題とリスク

初回放送日:2023年3月15日

米軍無人機とロシア軍機衝突か▽半導体生産“台湾一極集中”人材育成急ぐ台湾・“中国リスク”備えるアメリカ▽フィンランドに世界最大級原発 ※変更の可能性あり 半導体受託生産で世界シェア6割を超える台湾。世界的な半導体需要の高まりで国内の工場が増加する一方、人手不足が深刻化。半導体産業を支える人材をどう育てるかが課題となっている。その台湾一極集中に警鐘を鳴らすのが、「半導体戦争」の著者クリス・ミラー氏だ。アメリカの半導体国産化の動きの意味や、中国の先端半導体の軍事利用のリスクなど、半導体の確保をめぐる世界の今後を読み解く。