ニュース速報

    (1)

    春秋戦国時代の中国。秦の始皇帝の母、李皓ランの波乱に満ちた人生を描く愛と闘いの物語。家を追われた名家の娘、皓ラン(こうらん)は商人の呂不韋(りょふい)と出会う。 春秋戦国時代。趙(ちょう)の国の都、邯鄲(かんたん)。名家の娘、李皓ラン(りこうらん)は、継母(ままはは)と妹のワナにかかり殺されかける。さらに実母を殺され、将来を約束した蛟(こう)王子が妹と結婚したことを知り、失意のまま屋敷を追われる。商人の呂不韋(りょふい)は、売りに出された娘たちの中にいた皓ランに目を留める。一方、秦(しん)の国王の孫、エイ異人(えいいじん)は人質として趙で暮らしていた。