きょうの健康

アルツハイマー病 4つの疑問「薬をどう使い分ける?」

初回放送日:2016年12月7日

アルツハイマー病は、早い段階で診断して適切に薬を使えば、症状が軽い状態を長く維持することができる。患者の症状や行動の変化に応じ薬の使い方を変えていくことが重要。現在主に4種類の薬があり、薬の種類をかえる、併用する、量を調整するなどで対応していく。また、薬ののみ忘れを防ぐことや、副作用に対処することも、薬を効果的に使い続けるために欠かせない。薬の効果や使い方、使う上での注意点などについて伝える。

放送内容

目次
  • アルツハイマー病とは?
  • アルツハイマー病の薬の効果は
  • アルツハイマー病の薬の2つのタイプ
  • 薬ののみ忘れを防ぐには
  • 薬の副作用
  • 服用後に変化が出たら医師にきちんと伝える