ニュース速報

きょうの健康

慢性腎臓病 最新治療 「わずかなサインを見逃すな」

慢性腎臓病は、さまざまな原因により腎臓の機能が少しずつ衰えていく病気。かなり進行するまで自覚症状がないため、気づきにくい。早期発見のためには血液検査と尿検査が重要。血液中のクレアチニンの量から、腎臓の機能がどれくらい保たれているかがわかる。尿にたんぱくが出ていたら危険信号。腎臓の器官が壊れている可能性もある。糖尿病の人はアルブミンの値にも注意。慢性腎臓病を早期発見して悪化させない知恵を紹介する。