ニュース速報

    きょうの健康

    “ひきこもり”総力特集 「家族ができること」

    まず、ひきこもる人にどうやって声をかければいいのか。専門家によれば、ありがちな悪いパターンが、つい説教や叱責をしてしまうこと。かえって本人は罪悪感を募らせ傷ついてしまう。まずはあいさつや「体調どう?」など軽い会話から始めるのがおすすめ。そして何より大切なのは「傾聴」。言いたいことを聞くことに徹して、相づちを打つなど感情を込めて受けとめること。ひきこもる本人は共感してもらえたという気持ちが持てる。