きょうの健康

ニュース 「新型コロナ 5類へ移行で何が変わる?」

初回放送日:2023年4月6日

新型コロナは大型連休明けから、感染症法上の位置づけが季節性インフルエンザと同じ5類扱いとなる。政府による行動制限は行われなくなり、感染対策は個人任せになる。一方、これまでコロナ患者を受け入れていなかった医療機関が今後コロナに対応できるのか、費用負担はどうなるのか、ワクチン接種は続けるべきなのかなど、不安や疑問も残る。番組では、今後、何が変わって、どんな注意が引き続き必要なのか、具体的に伝える。

放送内容

目次
  • 新型コロナ 大型連休明けから5類へ
  • 行動制限はなくなる
  • 幅広い医療機関が診療
  • 医療費は自己負担も
  • マスクは個人が判断
  • ワクチンはまず高齢者などに
  • 感染症とどう向き合う?

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    岡部 信彦
    川崎市健康安全研究所 所長