きょうの健康

食道がん 最新解説「リスクと症状」

初回放送日:2017年7月10日

食道がんは飲酒や喫煙などの生活習慣と関わりが深い。男性は女性の5倍近い発生率。改訂されたばかりの食道がん診療ガイドラインにもこれらのリスクについて記載されている。特にお酒をのんで顔が赤くなる人は要注意。お酒に強い人に比べて食道がんになる可能性がかなり高いことが判明。食道がんは自覚症状がほとんど現れないが、進行がはやいため、高リスクの生活習慣がある人は年に1回は内視鏡検査を受診するのが望ましい。

放送内容

目次
  • 食道がんとは
  • 食道がん発生のしくみ
  • 食道がんにつながる飲酒のリスクとは
  • 食道がんにつながる喫煙のリスクとは
  • 欧米人に多い食道がんとは
  • 食道がんの症状を知って違和感がある場合は早めに検査を受ける
  • 食道がんの症状チェック
  • 食道がんの2つの種類(扁平上皮がん・腺がん)
  • 症状や違和感がある場合は早めに受診して検査を受けることが大切
  • 食道がんの検査
  • 治療方針を決めるための検査 CT検査とPET検査
  • 胃がん検診の際に食道がんが見つかることがある
  • 食道がんの検査を受けた方がよい人