きょうの健康

「禁煙 受診が成功のカギ」

初回放送日:2016年8月10日

禁煙は自力では難しいため、医療機関で治療することが勧められる。保険診療で3か月間に5回の外来受診が可能で2種類の処方薬が使われる。1つは貼り薬のニコチンパッチ。少量のニコチンが皮膚から吸収され、たばこを吸いたい気持ちが和らぐ。もう1つはのみ薬のバレニクリン。ニコチンが結びつく脳の受容体を塞ぐため、たばこを吸ってもおいしいと感じなくなる。また医師や看護師からのアドバイスをもらうこともできる。

放送内容

目次
  • ニコチン依存症とは
  • 喫煙で高まる病気や死亡のリスク
  • 保険が適用される禁煙治療
  • 貼り薬とのみ薬の2種類、禁煙補助薬
  • 医師や看護師による禁煙指導
  • 禁煙の成功率