ニュース速報

    きょうの健康

    女性が気になるがん 「子宮頸(けい)がん」

    若い女性の発症が多い子宮頸(けい)がん。主な原因はヒトパピローマウイルスで、性交渉などによって感染する。子宮頸がんは初期には、あまり自覚症状がなく、不正出血などの症状があらわれときには進行していること。早期発見のためには検診が重要だ。子宮頸がんにはワクチンもあり、接種することで子宮頸がんを予防できる可能性も。9歳以上の女性が受けられる。がんと診断されたら治療の中心は手術だが、放射線治療も選択肢に。