きょうの健康

がんのチーム医療「緩和ケアチーム」

初回放送日:2014年12月9日

緩和ケアはがんと診断されて早期から受けることが望ましい。なぜなら、がんと診断されると、肉体の痛みだけでなく、仕事・家庭に関する社会的な悩みや、生死についての精神的な悩みなどが生まれるからだ。緩和ケアチームには、体の痛みをとる緩和ケア医とともに精神科医やソーシャルワーカーが参加することが多く、患者の心の悩みを受け止めている。痛みがあったり精神的につらい場合には緩和ケアチームを頼りにすることができる。

放送内容

目次
  • 緩和ケアチームの役割
  • がんの痛みをやわらげる3つの方法