きょうの健康

アルツハイマー型以外の認知症にご注意を! 「レビー小体型認知症」

初回放送日:2024年3月5日

全国で50万人以上の患者数が推計される「レビー小体型認知症」。近年「レビー小体型認知症」は脳以外の体のさまざまな部位にも影響を及ぼすことがわかってきました。「レビー小体型認知症」は「レビー小体」という異常な物質が脳に発生して起きるとされます。「幻視」「パーキンソン症状」などの特徴的な症状以外に、早い段階から「大腸」や「心臓」「嗅覚」などにも障害をもたらします。超・早期発見のための検査法を伝えます。

放送内容

目次
  • 異常な物質「レビー小体」で起こる認知症
  • あるケース 異変が始まったAさん
  • レビー小体型認知症 特徴的な4つの症状
  • 受診と検査
  • 認知症の“超”早期発見につながる前段階の症状
  • 特徴的な症状がない場合受診はどう考える?
  • レビー小体型認知症の治療
  • 薬以外の対策
  • 介護保険サービスのリハビリテーション

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    池田 学
    大阪大学大学院 教授