きょうの健康

足のケア「外反母趾(ぼし)」

初回放送日:2016年9月26日

外反母趾(ぼし)は、足の親指が人差し指の方向に20度以上曲がる病気。親指の付け根の骨が突き出て靴に当たり、痛みや炎症を起こす。大きな原因は靴にある。「先の細い靴」と「かかとが高い靴」が外反母趾(ぼし)を起こしやすい。治療は靴の指導、足の指の体操、装具療法など。それでも痛みがとれない場合は手術を行うこともある。靴選びのポイントや予防に有効な足の指の体操などを紹介する。

放送内容

目次
  • 外反母趾の原因
  • 外反母趾の治療
  • 保存療法
  • 手術
  • 外反母趾の予防