きょうの健康

「餅だけじゃない!窒息の予防と応急処置」

初回放送日:2018年12月20日

窒息が原因で亡くなる人は、年間9000人に上り、不慮の事故による死因では第1位。12月と1月に多いが、餅だけでなく、米飯、パン、肉なども原因となる。呼吸が停止すると約15分でほぼ100%死に至るため、救急車が来るまでの間に、周囲の人が素早く対処することが重要だ。のどの異物を出すには、背中の肩甲骨の中央を手で強く叩く方法などが有効。予防のポイントから応急処置の方法まで、実演を交えて詳しく解説する。

放送内容

目次
  • 心肺蘇生 「胸骨圧迫」の方法
  • 心肺蘇生 AED(自動体外式除細動器)の使い方
  • こんなに多い!窒息による死亡
  • 高齢者が窒息しやすい原因
  • すばやい応急処置が生死を分ける
  • 窒息のサインを見逃すな!
  • 窒息の応急処置「異物除去」
  • のどに詰まらせやすい食品は?
  • 調理や食べ方の工夫で窒息を防ぐ