きょうの健康

世代別 肩の痛み解消法「中高年に多い 五十肩」

初回放送日:2018年11月6日

一般に五十肩は3つの時期に分けられる。「急性期(発症〜約3か月)」は強い痛みが現れ、「拘縮(こうしゅく)期(約3か月〜1年)」は痛みが少しずつ改善。「回復期(約1年〜2年)」は痛みはほとんどなくなり、肩の動きも徐々に改善。「急性期」は、消炎鎮痛薬などを用いて運動は行わない。「拘縮(こうしゅく)期」は必要に応じて消炎鎮痛薬を用い、適切な運動を開始。「回復期」はほとんど薬は不要。積極的に運動療法を。

放送内容

目次
  • 長引く五十肩(凍結肩)は「新生血管」が原因!?
  • 新生血管を抗生物質(抗菌薬)でつぶす!カテーテルを使った「血管内治療」