きょうの健康

知っておきたい動脈の病気「大動脈瘤(りゅう)」

初回放送日:2016年10月17日

心臓と直接つながり、全身の血管の中で最も太い大動脈。大動脈の一部がこぶのように膨らみ、破れると大出血を引き起こす。高齢や喫煙、高血圧などの生活習慣病が主なリスク要因。こぶの形と大きさで危険度を判断する。危険度が低い場合は降圧薬やスタチンなどの薬物でこぶの拡大を防ぎ、経過を観察する。最近では負担が少ないステントグラフト内挿術が一般的になってきたため、高齢者や心臓病患者でも手術が受られるようになった。

放送内容

目次
  • 命取りになることも・・・大動脈瘤とはどのような病気なの?
  • 自覚症状がない!?大動脈瘤の症状とは
  • 大動脈瘤が発症する主な原因
  • 大動脈瘤の治療法はどのようにして決めるのか
  • 大動脈瘤に用いられる薬物療法とその目的
  • 大動脈瘤に用いられる手術の種類
  • それぞれの手術のメリット・デメリット