きょうの健康

あなたにも潜在!?脳血管の病気「無症候性脳梗塞」

初回放送日:2017年5月2日

脳の細い血管がつまって起こる「無症候性脳梗塞」。梗塞する部分が小さいため、脳の組織に影響が起こらず症状が現れない。症状がないからといって、安心してはいけない。命にかかわる本格的な脳梗塞や、脳出血になる危険があるだけでなく、無症候性脳梗塞の数が増えることによって、血管性認知症になる場合もある。無症候性脳梗塞には、さまざまな危険因子があげられるが、最も注目されているのは高血圧。リスクや治療法を紹介。

放送内容

目次
  • 無症候性脳梗塞とは
  • 無症候性脳梗塞になりやすい人とは?
  • 血管性認知症につながることも
  • 無症候性脳梗塞の治療