きょうの健康

寒い時期 肺炎を見逃すな! 「子どもや若者は注意 マイコプラズマ肺炎」

初回放送日:2023年2月1日

子どもや若者がかかることが多い「マイコプラズマ肺炎」。感染しても自然に回復することが多いが、重症化して呼吸困難を起こすこともあり注意が必要だ。ほかの肺炎で使われる抗菌薬が効かないため早めの診断が大切。発熱やせきなどかぜの症状と似ていてまぎらわしいが「たんの出ない乾いたせき」など見分けるポイントもある。マイコプラズマ肺炎の予防や治療、子どもがかかったときの対応のしかたについて詳しく伝える。

放送内容

目次
  • はじめに
  • 子どもや若者に多いマイコプラズマ肺炎とは
  • マイコプラズマ肺炎の感染の仕組み
  • マイコプラズマ肺炎の症状
  • 迅速診断が重要
  • マイコプラズマ肺炎の治療
  • マイコプラズマ肺炎の予防
  • 休日や夜間に困ったときの相談先

出演者・キャストほか

  • 解説していただいた専門家
    宮崎 泰成
    東京医科歯科大学 教授