きょうの健康

なんとかしたい!便通の悩み 「下痢 原因に合わせた対策を」

初回放送日:2024年3月12日

腹痛を伴う下痢が繰り返し起こる原因として多いのが過敏性腸症候群。ストレスが関係していることが多いが、感染症による腸炎がきっかけになることもある。治療のためには起床・食事・睡眠などの生活リズムを整えることが大切。ウォーキングなどの有酸素運動もよい。脂質や糖質、乳製品などの食物アレルギーが下痢の原因になっていることもあるので注意。生活習慣の改善で効果がない場合は薬も検討。最新の対策を詳しく解説する。

放送内容

目次
  • はじめに
  • 過敏性腸症候群とは
  • ケーススタディ 30歳・会社員 Aさん
  • ストレスと下痢・便秘の関係
  • ストレス以外の原因
  • 過敏性腸症候群の治療

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    正岡 建洋
    国際医療福祉大学 教授