きょうの健康

最新情報!骨の病気「骨に炎症が!骨髄炎」

初回放送日:2018年5月10日

骨の中には骨髄というやわらかい組織がある。そこに細菌が感染すると、痛みや発熱を伴う骨髄炎になる。皮膚を突き破るほどの大量の膿(うみ)ができる。子どもに多く、かぜやけがの後に起こることが特徴。最近では中高年に多く、背骨の骨髄に炎症が起こる「化膿(のう)性脊椎炎」も増えている。糖尿病や慢性腎臓病などで、免疫の働きが低下している人は要注意。抗菌薬での治療が行われ、感染が広がる場合には手術を検討する。

放送内容

目次
  • 子どもに多い!骨髄炎
  • 骨髄炎の治療
  • 中高年に急増する!化膿性脊椎炎
  • 化膿性脊椎炎の治療