きょうの健康

すい臓の病気 徹底解説「慢性すい炎」

初回放送日:2017年6月13日

慢性すい炎はすい臓の組織が長い年数をかけて壊れていく病気。最大の原因は飲酒。1日にビールなら500mL缶で1〜2本、日本酒なら1〜2合を飲むと発症リスクは2.6倍。量が増えればリスクも高まる。症状は、初期には腹痛、後期には下痢や脂肪便など。通常完治しない病気だが超音波内視鏡などで早期発見すれば進行を止められる可能性もある。進行するとすい臓がんのリスクも高まるため早期からしっかり治療したい。

放送内容

目次
  • ゆっくりと進行する慢性すい炎
  • 進行すると変わってくる慢性すい炎の症状
  • 早期の慢性すい炎なら進行は止められる
  • 禁酒、禁煙など生活習慣の改善を
  • 定期的にすい臓がん検査を