きょうの健康

最新トピックス!4つの認知症 こう治療する「血管性認知症 進行をくいとめる」

初回放送日:2019年4月16日

脳梗塞や脳出血などの脳卒中の後遺症として起こる血管性認知症。実は、半身のまひや、ろれつが回らないといった脳卒中の症状が現れなくても、いつの間にか起こる血管性認知症もある。物事が段取りよくできなくなった、動作がゆっくりになったなどの変化がある場合、血管性認知症の可能性が。血管性認知症は、血管の動脈硬化の予防、つまり生活習慣病の管理や禁煙などによって防ぐことが可能。症状チェックや対処法について伝える。

放送内容

目次
  • 脳の血管の詰まり・出血による「血管性認知症」
  • 脳卒中後に起こる認知症
  • 「隠れ脳卒中」による認知症
  • 実は多い「脳血管障害を伴うアルツハイマー型認知症」
  • 生活習慣病対策で「隠れ脳卒中」も「アルツハイマー型認知症」も防ぐ