きょうの健康

痛風と高尿酸血症 「動脈硬化に注意!」

初回放送日:2024年6月17日

痛風は尿酸値の高い「高尿酸血症」の人に発症。関節などに沈着した尿酸の結晶が何かの刺激ではがれ落ちると激痛を伴う発作がおきる。激痛はやがておさまるが、高尿酸血症を放置すると痛風発作を繰り返すことも。最近の研究で、尿酸の結晶は心臓の血管壁にもたまって直接動脈硬化をひきおこす可能性のあることが明らかに。さらに痛風発作の後、心臓病や脳卒中発症のリスクが高まるという報告も。尿酸値が高い人は、徹底対策したい。

放送内容

目次
  • 痛風は夏に多い
  • 痛風発作とは?
  • 痛風が起きるメカニズム
  • 高尿酸血症とは?
  • 放置は要注意!高尿酸血症のリスク
  • 高尿酸血症(痛風)の診断と治療

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    久留 一郎
    米子医療センター 病院長/日本痛風・尿酸核酸学会 理事長