きょうの健康

脂質異常症 隠れたリスクを見逃すな!「食後高脂血症」

初回放送日:2017年2月8日

食事でとった中性脂肪とコレステロールのかたまりは小腸から肝臓に運ばれる過程で素早く分解されるが、分解が遅いと、コレステロールを含んだそのかたまりが血液中に停滞し血管壁に入り込む。そのため動脈硬化や狭心症・心筋梗塞のリスクが高まる。これが食後高脂血症。しかし空腹時に行う通常の血液検査ではわからない。メタボリックシンドロームや糖尿病の人に多いので注意したい。

放送内容

目次
  • 食後高脂血症とは
  • 食後高脂血症の検査
  • 肥満の人や糖尿病の人は要注意