ニュース速報

    きょうの健康

    女性が気になるがん 「子宮体がん」

    閉経前後の4、50代に多い、子宮体がん。多くは女性ホルモン「エストロゲン」が原因。閉経後の「不正出血」など気になる症状があったら婦人科の受診がすすめられる。ごく早期の子宮体がんで妊娠出産を希望する場合、ホルモン治療を行うこともあるが、治療の基本は手術。早期がんでも特殊なタイプや、リンパ節に転移がある場合、抗がん剤や放射線治療を追加する。一部のがんで免疫チェックポイント阻害薬の有効な場合もある。