きょうの健康

うつ病 徹底解説「薬は合っている?」

初回放送日:2016年7月13日

抗うつ薬は、うつ病と診断された人すべてが使うのではない。軽症などでは使うべきではない場合がある。抗うつ薬にはいくつかの種類があるが、原則としてひとつの薬で治療を行う。効果が出るまでに時間がかかる一方で、最初にさまざまな副作用が出やすく、薬で病状が悪化したと感じることもあるが、1週間ほど経つと副作用は落ち着いてくることが多い。服用していて症状が軽くなった場合も、自己判断で中断するのは危険。

放送内容

目次
  • はじめに
  • うつ病と診断されて抗うつ薬を使うケース
  • 抗うつ薬の種類
  • うつ病の治療 「抗うつ薬の使い方」
  • 抗うつ薬の副作用