ニュース速報

    きょうの健康

    総チェック!肝臓の病気 「進歩する 肝臓がん治療」

    肝臓がんは、早期発見できれば手術などにより根治することが可能。根治が難しい場合、分子標的薬が治療の中心となる。その種類はこの数年間で、1種類から4種類に増えた。それにより最長で4次治療まで行うことができ、以前よりも長期間治療を続けることが可能になった。分子標的薬は副作用が出るほうががんへの効果が期待できるため、副作用にうまく対処しながら治療を続けることが大切。がんの再発を防ぐ生活についても伝える。