きょうの健康

“ひざの痛み”の原因 「女性は要注意!“大たい骨内側か骨壊(え)死症”」

初回放送日:2021年5月5日

骨がもろくなる骨粗しょう症の人では、ひざの内側にある、大たい骨の端の膨らんだ部分に微小な骨折がおきやすい。その骨折がもとで骨が壊(え)死してしまう「大たい骨内側か骨壊死症」。突然の激痛にみまわれる。時間がたって痛みがひくこともあるが、放置すると今度は変形性膝関節症になることもあるので、適切な治療を受けることが大切。足底板や薬の治療を行い、改善しなければ手術を検討する。3つの手術法を詳しく紹介する。

放送内容

目次
  • 急なひざの激痛に襲われる「大腿骨内側顆骨壊死症(だいたいこつないそくかこつえししょう)」
  • X線では診断できない!?「大腿骨内側顆骨壊死症」の検査
  • 場合によっては限りなく元の状態に!「大腿骨内側顆骨壊死症」の治療法

出演者・キャストほか

  • 解説いただいた専門家
    中川 匠
    帝京大学 教授