きょうの健康

これも認知症「レビー小体型認知症」

初回放送日:2016年4月19日

レビー小体型認知症は、脳の中にレビー小体という異常なたんぱく質の塊が現れることで起こる。最も特徴的な症状が、実際にはいない人などが見える「幻視」。患者数は数十万人と推計され、決して少なくない。ところが現在はまだ専門医が少ないため、うつ病などと診断されることがある。この病気の場合は薬に敏感なため、ほかの病気の薬で悪化することがあり、正しい診断が特に大切。レビー小体型認知症の特徴や対処について伝える。

放送内容

目次
  • レビー小体型認知症とは
  • レビー小体型認知症の症状チェック
  • レビー小体型認知症の症状の特徴
  • レビー小体型認知症の対処法
  • 幻視への対策