ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
8月3日(月) 午後9:00 午後9:25

今が旬の夏野菜をたっぷり使った“とっておきのおかず”を2日間にわたり特集。1日目は山本麗子さんに、栄養たっぷりの夏野菜の食感や素材の味を生かしたレシピを教わる。 「ゴーヤーと豚肉のしょうゆ炒め」の調味料は酒としょうゆだけ。素材の味をそのまま生かしたつくりやすくて飽きのこない炒め物。ゴーヤーは7~8ミリ厚さの半月切りにすると炒めてもシャキッとした食感が残る。「きゅうりの鯛(たい)とろろ」はサラサラとしたのど越しで夏にぴったり!昆布は酒で戻してから細く切り、たいにもみ込む。「オクラとトマトの昆布酢あえ」は夏野菜をサラダ感覚でいただける酢の物。

見逃し配信

    次回のエピソード

    • Eテレ
      8月4日(火) 午後9:00 午後9:25

      旬の夏野菜をたっぷり使った“とっておきのおかず”を特集。2日目は井澤由美子さんに、夏野菜の“うまみ”や“甘み”を損なわない、手軽にできるレシピを教わる。 「きゅうりと豚肉のスタミナ炒め」は炒めたきゅうりの食感を味わう。きゅうりはしまむきにしてから切ると、味が入りやすく口当たりも良くなる。「ゴーヤーと鶏もものしょうが蒸し」は塩こうじをもみ込んだ鶏肉のうまみと、とうもろこしの甘み、しょうがの風味プラスして仕上げる。ゴーヤーの苦みは蒸すことでやわらぐ。「ピーマンなめろう」は漁師料理をつくりやすくアレンジ。ごま油の香味を加えるとご飯にも合うおかずになる。

      8月4日ほか 放送予定へ

      見逃し配信

      • Eテレ
        8月3日(月) 午後9:00 午後9:25

        今が旬の夏野菜をたっぷり使った“とっておきのおかず”を2日間にわたり特集。1日目は山本麗子さんに、栄養たっぷりの夏野菜の食感や素材の味を生かしたレシピを教わる。 「ゴーヤーと豚肉のしょうゆ炒め」の調味料は酒としょうゆだけ。素材の味をそのまま生かしたつくりやすくて飽きのこない炒め物。ゴーヤーは7~8ミリ厚さの半月切りにすると炒めてもシャキッとした食感が残る。「きゅうりの鯛(たい)とろろ」はサラサラとしたのど越しで夏にぴったり!昆布は酒で戻してから細く切り、たいにもみ込む。「オクラとトマトの昆布酢あえ」は夏野菜をサラダ感覚でいただける酢の物。

        • Eテレ
          7月29日(水) 午後9:00 午後9:25

          夏野菜の代表格なすを使った手軽な4品を、京都在住の料理研究家、杉本節子さんが紹介。フライパン一つで、色よく食べ応えのある夏向きのおかずに仕上げるコツを伝授する。 夏の人気野菜、なすを使ったお手軽おかずを4品紹介。京都在住の料理研究家、杉本節子さんが、フライパン一つで、彩りよく食べ応えのある夏向きのおかずに仕上げるコツを伝授する。軽やかなマヨネーズソースが味の決め手の「なすのえびマヨ」に、ケチャップ味が食欲をそそる「なすと豚こまの甘酢あん」はボリュームたっぷり。冷やしていただく和の常備菜の「なすの煮干し炊き」と「ゆでなすとささ身の春雨あえ」はうまみたっぷり。

          • Eテレ
            7月28日(火) 午後9:00 午後9:25

            人気の夏野菜なすを無駄なく使い切るテクニックが「冷凍」。日持ちはもちろん味の染みこみがよくなるなどメリットが満載!「マーボーなす」「トマトパスタ」など3品紹介。 なすを上手に冷凍するには、厚みを均一にするのがコツ。保存がきくのはもちろんのこと、アクが出にくくなる、火の通りが早くなるなど、メリットも多い。「マーボーなす」は、ひき肉を炒めたら冷凍したなすを凍ったまま加えるだけ。冷凍することで繊維が壊れるので火の通りも早く、味なじみもいい。「冷凍なすのトマトパスタ」も、凍ったまま加えるだけでOK。冷凍なすは油を吸収しにくいので、さっぱりしたソースに仕上がる。

            その他のこれまでのエピソード

            この番組について

            おいしいレシピに自信あり!番組誕生から63年、今年もまじめに「四季の幸をいただく喜び」「作る喜び」「食べてもらう喜び」をお伝えします。

            • 司会 後藤繁榮

              [プロフィール] 岐阜県岐阜市出身。1975年入局。鳥取、富山、札幌、東京アナウンス室で勤務。現在はフリー。「きょうの料理」を担当して21年目。他に「ラジオ深夜便」(第1、3、5土曜日)を担当。2005年「ギャラクシー賞個人奨励賞」受賞。著書に『きょうの料理のヒミツ』(平凡社)『後藤アナのダジャレ教室』(小学館)『笑顔を引き出す会話力』(ベスト新書)。趣味は散歩、南京玉すだれの研究と実演。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 63年目の長寿番組「きょうの料理」。その時代時代に求められる料理を提案し続けた歴史があります。去年から放送している「父さんのきょうからキッチン」は、シニアや料理初心者のみなさんに楽しくキッチン・デビューしていただける番組です。これまで調理から逃げ回っていたワタクシが生徒となり、料理をイチから習っています。料理に苦手意識持っていた方も、ぜひ私といっしょにキッチンを楽しみましょう!

            • 司会 原大策

              [プロフィール] 千葉県船橋市出身。平成16年入局。山梨、北海道(北見・函館)、大阪、奈良を経て、現在は東京のアナウンス室に勤務。小学生2人の父。これまで6つの局を経験し、その土地ならではのおいしいものを“体感”。趣味は家族の写真撮影、掃除。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 司会も2年目になりました。習ったレシピを家で復習すると、家族も「おいしい!」と喜んでくれ、講師のみなさんの技を自分の手柄にしているこの頃です(笑)まだまだ不器用ですが、「おいしい」と「ごちそうさまでした」を大切にしながら、「つくってみたい」と感じてもらえる放送を重ねていきたいと思います。

            • 司会 廣瀬智美

              [プロフィール] 大分県大分市出身。平成16年入局。鹿児島、大阪を経て現在は東京アナウンス室。「おはよう日本」土日祝日のスポーツキャスターも務める。保育園に通う2人の母。好きなものは、おむすび、たまご、さば、かぼちゃ、あんこ、栗、桃、いも焼酎。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 講師の皆さんから料理の工夫や知恵のみならず、たしなみや生き方も学んでいます。信念を大切に、いきいきと人生を送る皆さんの姿が魅力的で、「食」が生きることの根幹であり、とてもとても大事なものであることを毎回の収録で実感しています。…とは言え現実は、我が家の“きょうの料理”と格闘中。私の料理の腕の向上よりもはるかに成長していく子供たちの食欲。得意料理がひとつでも増えますよう…!という切なる願望も胸に抱きつつ、新たな企画盛りだくさんの2年目の挑戦にワクワクしています。

            • 司会 井田香菜子

              [プロフィール] 埼玉県草加市出身。平成25年入局。平成29年から大阪放送局に勤務。ほか「上方演芸会」司会を担当。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 昨年に引き続き、「きょうの料理」を担当いたします。その道のプロの先生方に料理を学ばせていただいていますが、腕前もレパートリーもまだまだ半人前。今年も「ゆーママの‘ラク盛り’レシピ」シリーズをはじめ、おいしい料理のレシピをたくさんお伝えしながら、私自身も成長していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

            • 司会 畠山衣美

              [プロフィール] 熊本市出身。平成27年入局。今春から大阪放送局に勤務。ほかに、上方の漫才・漫談をお送りする「上方演芸会」を担当。 [視聴者のみなさんへのメッセージ] 「きょうの料理」を初めて担当します。学生のときは自炊にこだわっていたのですが、社会人になってからは買って食べたり、飲食店で食べたり…と、料理をすることから疎遠になっていました。番組では「大原千鶴のお助けレシピ」シリーズを担当させていただきます。限られた時間でもきちんとおいしく食べられる工夫・コツを、皆さんと一緒にしっかり学びたいと思っています!

            • 司会 谷原章介

              [プロフィール] 1972年神奈川県出身。モデルとして活躍のあと、映画「花より男子」で俳優としてデビュー。以後ドラマ、映画、舞台、司会、ナレーションなどマルチな才能を発揮。NHK大河ドラマ「新選組!」「風林火山」「龍馬伝」「軍師官兵衛」に出演している他、NHK「うたコン」の司会を担当。 現在2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に出演中。 【視聴者のみなさんへのメッセージ】 切り方ひとつ、盛り方ひとつで料理は楽しく、美しくなる。僕は、栗原はるみさんの料理を見てそう感じています。それを間近で見て、みなさんにお伝えできるのが楽しみです!

            放送

            • Eテレ
              毎週月曜~水曜 午後9時

            再放送

            • Eテレ
              毎週月曜~水曜 午前11時
            • 総合
              毎週金曜 午前10時15分

            関連リンク

            ※下記はNHKサイトを離れます