ニュース速報

    手仕事12か月 初夏を楽しむ 「梅の塩麹(こうじ)漬け」

    四季折々の暮らしにぴったりの保存食と手仕事を紹介。6月は初夏を楽しむをテーマに3日間特集。1日目は舘野真知子さんに発酵調味料と梅でつくる新感覚の保存食を教わる。 「梅の塩麴(こうじ)漬け」はうまみたっぷりの食べやすい梅漬け。漬け汁は調味料として、肉や魚の下味としても使える。「梅のみそ漬け」は完熟梅とみそ、コクのあるきび糖を漬けるだけ。みそ漬けを使えばさばのみそ煮が夏の味わいに。「梅のしょうゆ漬け」は梅、しょうゆ、昆布を一緒に漬け冷蔵庫に入れて待つと、1週間ほどで梅のエキスが溶け込んだ梅じょうゆができる。漬けた梅はおにぎりの具や、刻んであえ物に使える。

    出演者

    • 講師 舘野真知子