減塩梅干し

レシピ公開日:2023年1月16日 午後7:00

  • 6月

  • 講師 重信初江

材料 つくりやすい分量
  • 完熟梅
    1kg
  • 粗塩
    80g
  • 砂糖
    80g
  • ホワイトリカー または35度以上の焼酎
    大さじ2

用意するもの

1

・ジッパー付き保存袋(Lサイズ)2枚 ・バット2枚 ・ペットボトル(容量2リットル) ・大きめのざる ・保存瓶 ・保存容器

つくり方

1 下処理をする

梅をボウルに入れて、たっぷりの水をはり、傷つけないようにやさしく洗う。

2

水けをきり、なり口のヘタを竹串で取り除く。

3

清潔な布巾や紙タオルで1コずつ水けを拭き取り、ジッパー付き保存袋に入れる。

4 塩と砂糖を加える

3にホワイトリカーを加えてまぶす。

5

粗塩と砂糖を加え、少し空気を入れて袋の口を閉じる。袋を振って全体になじませる。

6 おもしをして漬ける

保存袋をもう1枚重ねて二重にし、袋の空気を抜いて口を閉じる。平らにしてバット2枚ではさみ、2リットルの水を入れたペットボトルでおもしをする。

7

3〜5日間室温におき、1日1回上下を返す。梅酢が上がってヒタヒタになったら、おもしを外して冷蔵庫に移す。

減塩梅干しは、土用干しまで冷蔵庫で保存。傷みにくく、場所もとりません。

8 土用干し1日目

紙タオルを敷いたバットに梅を取り出す。間隔をあけてざるに並べ、屋外の日当たりのよい場所で干す。梅酢は清潔な保存瓶に移す。

梅の風味に塩けと甘みも加わった梅酢は、万能の合わせ酢。同量の植物油を加えれば、幅広く使えるドレッシングになります。 保存:冷蔵庫で1年間。

9

正午ごろに1回、梅の上下を返す。日が暮れたらざるごと室内に移動させる。

10 土用干し2~3日目

2日目、3日目も8~9と同様に干す。皮がシワシワになり、全体が乾いて白っぽくなればOK。

途中で雨に当たってしまったら、保存袋に戻して梅酢を加えて浸します。晴れた日にまたざるに広げ、合計約20時間干せば大丈夫。

11

梅酢適量をボウルに入れて、梅を1粒ずつくぐらせ、清潔な保存容器に入れる。

食べごろ:3か月後から。 保存:冷蔵庫で1年間。

このレシピのエピソード