たけのこのゆで方

レシピ公開日:2023年1月16日 午後7:00

  • 4月

  • 講師 久保香菜子

材料 つくりやすい分量
  • たけのこ
    1~2本(合計約1kg)
  • 赤とうがらし
    1本
  • 米ぬか
    1つかみ

つくり方

1 1日目

たけのこは、穂先を斜めに切り落とす。縦に1本切り目を入れる。

穂先に向かって細くなるあたりから斜めに切り落とす。縦の切り目は穂先の方を深く、根元のほうを浅く入れる。

2

大きめの鍋にたけのこ、かぶるくらいの水、赤とうがらし、米ぬかを入れる。

赤とうがらしと米ぬかは、たけのこの風味を残しつつ、えぐみを取ってくれる。

3

落としぶたをして強火にかけ、沸いてきたら弱火にし、フツフツとした状態で30~40分間ゆでる。

4

根元に近い部分に細い金串を刺して、中心までスッと通ればゆで上がり。

竹串でもよいが、ひっかかりやすいので金串がベスト。

5

落としぶたをして、ゆで汁につけたまま、5時間~一晩(8時間)おいて冷ます。

完全に冷めるまでおいて、アクを出しきる。

6 2日目

水で洗ってぬかを落とし、切り目から皮をむく。

皮は白っぽくても堅い部分は食べられないのでむく。かじってみると食べられるかどうかわかる。

7

表面に少し残っている柔らかい皮を包丁の峰でこそげ、きれいに整える。穂先の柔らかい皮(姫皮)をクルリとむいて、とっておく。

こそげた皮は、たけのこご飯に加えたり、姫皮と一緒に別の料理に使うとよい。

8

すぐに使わないときはボウルまたは保存容器に入れる。ゆで汁カップ1/2~2/3と水適量を加えて、かぶるくらいにしてつけておく。使うときは洗って水けをきる。

ゆで汁を加えておくと、たけのこが水っぽくなるのを防げる。 保存:ラップまたはふたをして、冷蔵庫で3~4日間。水はかえなくてよい。

このレシピのエピソード