梅の塩麹漬け

レシピ公開日:2023年1月16日 午後6:04

ここでは、塩麹用に容量900㎖の保存瓶、梅用に23×16×7.5㎝のホウロウ製の保存容器を使用。 本体とふたは消毒して使う。 1.焼酎ですすぐ。 2.アルコールで拭く。 3.煮沸する。

  • 6月

    材料 つくりやすい分量
    • 完熟梅
      500g
    • 塩麹
      • 米麹
        200g
      • 80g
      • カップ1 3/4

    つくり方

    1 塩麹をつくる(梅を漬ける5~7日間前)

    板状の米麹は、バラバラにほぐす。

    2

    保存瓶に1と塩を入れ、清潔なスプーンや箸などで混ぜる。

    3

    水を注いでよく混ぜ、ふたをして室温におく。 1日に1回、清潔なスプーンや箸で混ぜる。

    5~7日間後 甘くふくよかな香りが出て、米麹が柔らかくなればOK。 保存:冷蔵庫で約6か月間。

    4 梅を漬ける

    下処理をした完熟梅を保存容器に並べ入れ、塩麹を加える。

    梅の下処理 大きめのボウルに梅を入れて、たっぷりと水をはり、梅を傷つけないようにやさしく洗う。 ざるに上げて水けをきり、厚手の紙タオルで拭く。水がたまりやすい、なり口のくぼみの部分も丁寧に。 なり口のヘタを竹串で取り除く。何度も刺すを実が傷つくので、取れにくいものは無理せずそのままに。

    ここでは、梅用に23×16×7.5㎝のホウロウ製の保存容器を使用。

    5

    表面をならし、ふたをして冷蔵庫に1か月間ほどおく。

    約1か月後 梅が柔らかくなれば、食べごろ。 梅酢が出た漬け床は「梅塩麹」として使える。 保存:冷蔵庫で約6か月間。

    このレシピのエピソード