割り梅の甘露漬け

レシピ公開日:2023年1月16日 午後6:04

ここでは、塩麹用に容量1.3ℓの耐熱ガラス製の保存瓶を使用。本体とふたは消毒して使う。 1.焼酎ですすぐ。 2.アルコールで拭く。 3.煮沸する。 塩に漬ける時間、グラニュー糖に漬ける時間は除く。

  • 6月

  • 講師 舘野真知子

材料 つくりやすい分量
  • 青梅
    500g
  • 約20g
  • りんご酢 または好みの果実酢
    大さじ1
  • グラニュー糖
    350g

つくり方

1 梅を割る

下処理をした青梅は、実のくぼみに沿って包丁でグルリと1周切り目を入れ、切り目を上にしてまな板に置く。

梅の下処理 大きめのボウルに梅を入れて、たっぷりと水をはり、梅を傷つけないようにやさしく洗う。 ざるに上げて水けをきり、厚手の紙タオルで拭く。水がたまりやすい、なり口のくぼみの部分も丁寧に。 なり口のヘタを竹串で取り除く。何度も刺すを実が傷つくので、取れにくいものは無理せずそのままに。

2

梅の上に別のまな板をのせ、グッと押して実を割る。

3

スプーンで実から種を取り出して除く。果肉の重さを量り、その5%の塩を用意する。

4 塩で下漬けをする

3の果肉をボウルに入れ、塩をまぶす。ラップをぴったりとかぶせ、水を入れたボウルなどで800g~1kg(果肉の約2倍)のおもしをして1時間ほどおく。

5 グラニュー糖に漬ける

4をざるに上げて手で軽く押し、汁けをきる。ボウルに移し、りんご酢をまぶす。

6

保存瓶に5とグラニュー糖1/3~1/2量ずつを交互に入れ、常温に1日おいて冷蔵庫におく。グラニュー糖が溶けるまでの間は、1日1回を目安に時々瓶を揺すり、よくなじませる。 約10日後、グラニュー糖が溶けて、漬け汁がたっぷり出れば食べごろ。 汁も梅風味の甘酢として活用できる。

保存:冷蔵庫で約6か月間。

このレシピのエピソード