あずき粒あん

レシピ公開日:2023年1月16日 午後7:00

  • 3月

  • 講師 金塚晴子

調理時間 1時間30分
エネルギー 1340kcal 塩分 1g

エネルギー・塩分は全量。 冷ます時間は除く。

材料 つくりやすい分量
  • 小豆
    200g
  • グラニュー糖
    170~200g

つくり方

1 小豆をゆでこぼす

小豆は水洗いして鍋に入れ、水カップ3を加えて強火にかける。沸騰したら、差し水カップ1を加える。

差し水をすると小豆の皮の間に水分が浸透し、煮えやすい。

2

再び沸騰したら、2分〜2分30秒間、沸騰する火加減でゆで続け、ざるにあける。

3 再びゆでてアクを出す

鍋に水カップ3と小豆を入れ、強火にかける。沸騰したら、そのつど差し水を3〜5回(計カップ2 1/2くらい)しながら、約10分間ゆでてアクを出す。

4

湯が十分に赤く濁ったら、小豆をざるにあけ、サッと水をかける。

湯が赤く濁ったら、しっかりアクが出た合図。豆もふくらんでくる。

5 柔らかくなるまでに煮る

もう一度鍋に水カップ3と小豆を入れ、強火にかける。沸騰したら火を弱め、小さな泡がポコポコと出て豆が軽く踊っている状態でふたをし、20~30分間煮る。

常に小豆に湯がかぶっているように、適宜差し水をする。

6

木べらに小豆をのせてへらでつぶし、抵抗なくつぶれるくらいの柔らかさになればOK。

または、小豆を小さじ1ほど食べてみて、堅いようならもう少し煮るとよい。

7

小豆が踊らないように紙ぶたをしてからふたをし、差し水をせずにごく弱火で約30分間煮る。

紙ぶたは、オーブン用の紙を鍋より一回り小さい円形に切り、中央に穴をあけてつくる。

8

火を止めてざるにあけ、湯をきる。

煮くずれていたら、ざるにさらしや布巾を敷いてから小豆をあけるとよい。

9 あんを練り上げる

鍋に小豆を戻し、グラニュー糖の半量を加える。強火にかけ、木べらで大きくゆったりと練る。

10

グラニュー糖がなじんで水分が減ってきたら、残りのグラニュー糖を加え、強火のまま練る。

はねるようなら、若干火を弱める。

11

塩1つまみを加え、木べらですくうと山形になり、少しくずれるくらいになったら練り上がり。

少量の塩を加えることで甘みが引き締まる。

12

火を止め、バットに移して冷ます。

バットに入れるときは1すくいずつ山形にしておくと、早く冷める。

保存:冷蔵庫で約1週間。冷凍庫で約1か月保存可能。冷凍の場合は、冷凍用保存袋に薄く平らに入れると、使う分だけ取り出しやすい。 自然解凍して使う。

このレシピのエピソード