ニュース速報

    「Remix おんがくのじっけん〜ラヴェルとライヒの場合〜」

    発表当時賛否を呼んだ「ボレロ」を作曲したラヴェル。作品ごとに新たな挑戦を盛り込むスティーヴ・ライヒ。二人の作曲家を通じて、「音楽の実験」について考える。 ラヴェルとライヒ、二人の作曲家が試みた「音楽の実験」を描く。同じメロディを繰り返す構成が実験的だったラヴェルの代表作「ボレロ」。一方、常に作品に豊かな実験性を盛り込むライヒ。反復を繰り返す作風、テクノロジーの利用、音楽で語る事実の物語など、実験は多岐にわたる。▽「ボレロ」(指揮)川瀬賢太郎、東京フィルハーモニー交響楽団▽「エレクトリック・カウンターポイント」(演奏)トクマルシューゴ