ぎふ防災FILE 「市民に情報を確実に届ける“防災ラジオ”」

NHK
2023年10月4日 午後1:40 公開

“防災ラジオ”は、AM・FM波のラジオ放送を聴けるだけでなく
災害時に自治体からの情報を自動で受信できる機能を持ったラジオです。

仮に聴き逃しても、
いつでも繰り返し聴くことができたり、
持ち運びも簡単で耳元で情報が聴けたりするなど、
市民にとって災害時の心強い存在となっています。

この“防災ラジオ”を全国で初めて
全世帯に配布したのが瑞浪市です。
市内を8つの地区に分け、
それぞれの地区に応じた情報が届けられています。

この“防災ラジオ”はかつてポケットベルで
使われていた周波数の電波を使用しています。

この電波の特徴は
▼屋内に入りやすい
▼出力が大きく遠くに届く
▼データを端末まで確実に届けやすい などの性質があり、
“防災ラジオ”は
災害時の的確な情報伝達の手段として改めて注目されています。

岐阜県内では瑞浪市のほか西濃の池田町でも
全世帯に配布され活用されています。