【第84回】日蓮の手紙

NHK
2022年2月21日 午後5:20 公開

今回、スポットを当てるのは『アダチマサヒコ』

<プロフィール>

アダチ マサヒコ 1983 大阪生まれ

2010 東京芸術大学大学院デザイン科修了

「BS歴史館」「NHKスペシャル・故宮」「シャキーン!」のアニメーションを担当。

2015年12月~2016年1月放送分の「みんなのうた」では過去に「ねむいいぬ」「おつきさまのうた」「ぼくのそらとぶじゅうたん」「願いごとの持ち腐れ」を制作。

最近では「3341」を制作した。

100分de名著では、「遠野物語」「枕草子」「ハムレット」「茶の本」「荘子」などを手がける。筆の質感などを生かした繊細なタッチが持ち味。ㅤㅤ

アダチマサヒコさんに「日蓮の手紙」のアニメ制作でこだわったポイントをお聞きしました。

過去の映画などの影響により、日蓮という人物は

ストイックで過激な思想の持ち主、というイメージを持たれてきました。

そういう一面も確かにありますが、

実際は老若男女、誰とも平等に接する優しい心の持ち主です。

今作もそこに焦点を当てたエピソードが多々出てきます。

その優しさを表現するために柔らかい絵柄になるように努めました。

アニメの内容に関しては、なるべくアニメならではのギミックを使って説明するようにしました。

一工夫入れることで単なる説明描写にならず、絵柄同様に柔らかさが生まれ、観る側が飲み込みやすくなったと思います。

アニメの見た目も内容も様々な表現ができるよう

今後も精進していきます。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

名著116「日蓮の手紙」詳細ページへ