名著125「中井久夫スペシャル」

NHK
2022年11月22日 午後5:32 公開

治療困難とされてきた統合失調症の解明、阪神淡路大震災被災者のPTSDのケア、精神科看護師の育成等々に取り組み、人々の苦しみに徹底的に寄り添い続けた「こころの医師」がいます。中井久夫(1934-2022)。日本を代表する精神科医です。中井は、私たちが見過ごしがちな「心の問題」「人間の本質」を、単なる学術的なアプローチだけではなく、私たち一般人にも深く響く瑞々しい言葉を使って縦横に論じてきましたが、この8月に惜しまれつつ世を去りました。番組では、彼の代表作「最終講義」「分裂病と人類」「治療文化論」「戦争と平和 ある観察」「『昭和』を送る」等を読み解き、「私たちにとって心の病とは何か?」「私たちが社会の中に生きる意味とは?」「人が再生していくには何が必要か?」といった問題をあらためて見つめなおします。

中井久夫は当初ウィルス学を志すが研究体制に疑問を感じて精神医学へ転身。当時治療法が確立されておらず、治療困難とされていた統合失調症の症例と運命的な出会いをします。「時系列でグラフ化する」というウィルス研究時に培った方法を使うことで、これまで誰も注目しなかった寛解過程の中に、治療に向けてのいくつもの重要なファクターを発見。「風景構成法」など治療効果をもつ検査法を構築し、患者-医師間の関係を大きく改善していきました。そんな経験を踏まえて中井が執筆した著作の数々は、結果的に独創的な「文化論」「人間論」ともなっており、専門家の領域を超えて一般の多くの人たちが「自らの心の問題と向き合うための名著」として読み継がれています。

それだけではありません。中井久夫は、鋭い知性と深い教養を武器に「病の意味」「文化の役割」「戦争と平和」等のテーマについて精神科医としての観点から考察を続け画期的な著作を執筆していきます。中井の著作は、価値観がゆらぐ現代にあって、私たちが「人間とは何か」「時代とは何か」を見つめなおすための大きなヒントを与えてくれるのです。

番組では斎藤環さん(筑波大学教授・精神科医)を指南役として招き、中井久夫が追究し続けた独自の精神医学やその応用研究を分り易く解説。彼の代表作に現代の視点から光を当てなおし、そこにこめられた【人間論】や【文化論】【平和論】など、現代の私達にも通じるメッセージを読み解いていきます。

<各回の放送内容>

第1回「心の生ぶ毛」を守り育てる ~「最終講義」~

【放送時間】

2022年12月5日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ

【再放送】

2022年12月6日(火)午前5時30分~5時55分/Eテレ

2022年12月12日(月)午後1時5分~1時30分/Eテレ

※放送時間は変更される場合があります

【指南役】斎藤環…筑波大学教授。精神科医。著書に『世界が土曜の夜の夢なら』、『オープンダイアローグとは何か』など。

【朗読】寺田農(俳優)

【語り】小口貴子

心はなぜ病むのか? そしてどうやったら再生できるのか? 中井久夫は、統合失調症という治療困難とされてきた病と向き合うことで、「心のうぶ毛」「世に棲む」という新しい言葉を生み出していく。統合失調症回復期に露呈する治癒力、社会との折り合いのつけ方といった問題は、健康な人、病者といった違いに関わらず、誰もがこの世界で生きていく根本にかかわる本質的な問題につながることに気づかせてくれるのだ。第一回は、中井久夫の集大成ともいえる「最終講義」を読み解き、「人間とは何か」「心とは何か」「人間が社会生活を営む意味とは?」といった普遍的なテーマを考えていく。

第2回「病」は能力である ~「分裂病と人類」~

【放送時間】

2022年12月12日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ

【再放送】

2022年12月13日(火)午前5時30分~5時55分/Eテレ

2022年12月19日(月)午後1時5分~1時30分/Eテレ

※放送時間は変更される場合があります

【指南役】斎藤環…筑波大学教授。精神科医。著書に『世界が土曜の夜の夢なら』、『オープンダイアローグとは何か』など。

【朗読】寺田農(俳優)

【語り】小口貴子

「なぜ統合失調症は世界のどこにおいても人類の1%前後に現れるのか」という問いに対し中井は「人類のために必要だから」という大胆な仮説を打ち出す。例えば大航海時代、孤独な決断によって数々の困難を冷徹に乗り越える船長には天候や空気などの微細な変化・徴候を読み取り次に何が起こるかを予測する能力が必要だった。その能力の基盤は統合失調症の症例と酷似する。かつて人類は誰しもその能力をもっていた。激変する人類史の中で不必要になったその能力が抑圧されることでこの病が生まれたのではないか。中井はこの病をむしろ肯定的に評価する。第二回は、「分裂病と人類」を読み解くことで、「私たちにとって病とは何か」「正常や異常とみなされるものの間に境界はあるのか」といった根源的な問題を深掘りしていく。

第3回 多層的な文化が「病」を包む ~「治療文化論」~

【放送時間】

2022年12月19日(月祝)午後10時25分~10時50分/Eテレ

【再放送】

2022年12月20日(火)午前5時30分~5時55分/Eテレ

2022年12月26日(月)午後1時5分~1時30分/Eテレ

※放送時間は変更される場合があります

【指南役】斎藤環…筑波大学教授。精神科医。著書に『世界が土曜の夜の夢なら』、『オープンダイアローグとは何か』など。

【朗読】寺田農(俳優)

【語り】小口貴子

従来、精神病理は「普遍症候群」「文化依存症候群」という二つのカテゴリーに分類されてきた。だが、中井は、永年の臨床体験の中から「個人症候群」という、あるひとりの個人に一回きりしか現れない症候があることを明らかにしたのだ。そのケースでは個人が土着する文脈にこそ治療につながる鍵がある。祈祷や民間療法がはるかに効果を発揮することすらあるのだ。この視点は普遍的な基準のみに依存する近代精神医学への大きなアンチテーゼとなった。第三回は、心のケアにおいて、個人を支えている文化がいかに重要か、それを活かしていくにはどのような方法があるのかを「治療文化論」に学んでいく。

第4回 精神科医が読み解く「昭和」と「戦争」 ~「『昭和』を送る」「戦争と平和 ある考察」~

【放送時間】

2022年12月26日(月)午後10時25分~10時50分/Eテレ

【再放送】

2022年12月27日(火)午前5時30分~5時55分/Eテレ

2022年1月9日(月)午後1時5分~1時30分/Eテレ

※放送時間は変更される場合があります

【指南役】斎藤環…筑波大学教授。精神科医。著書に『世界が土曜の夜の夢なら』、『オープンダイアローグとは何か』など。

【朗読】寺田農(俳優)

【語り】小口貴子

なぜ人は戦争をするのか? なぜ平和は長続きしないのか? 敗戦のとき小学校6年生だった中井久夫が、「戦争の切れ端を知る者」として書いた文章が「戦争と平和 ある考察」だ。戦争は「過程」であり、平和は「状態」であるという、精神科医としての経験を踏まえた鋭い洞察。それは、語りやすい戦争に対して、平和を維持していくための言説には並々ならぬ努力が必要だということを深く示唆してくれる。第四回は、精神科医としての透徹したまなざしを通して、全く新しい角度から「戦争と平和」の様相を照らし出す。更に、日本にとって激動の時代だった「昭和」という時代がどんなものだったかを克明に浮かび上がらせる。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

NHKテキストはこちら (※NHKサイトを離れます)※別タブで開きます