ニュース速報

    「ある天使の思い出に」ベルク作曲

    ウィーンの作曲家アルバン・ベルクが、愛する少女の死を悼んで書き上げたバイオリン協奏曲。生前に完成させた最後の曲であり、人生観や死生観が色濃く練り込まれている。