ニュース速報

最新情報

  • 10月25日(日)朝6:10~「どんな子でも断らない ~“障害児の学童保育”の記録~」
    2020年10月21日
  • 10月18日(日)朝6:10~「原爆の図とわたし~命をみつめた ひと夏~」
    2020年10月17日
  • 10月11日(日)朝6:10~「ふるさとは まだ遠く~“中国残留孤児”が生きた75年~」
    2020年10月06日

最新のエピソード

BS1
10月18日(日) 午後1:15 午後1:50

新型コロナウイルスの拡大による史上初のインターハイ中止。番組では全国有数の水泳強豪校、日大豊山高校に3か月間に密着した。目標を見失った高校生、ひと夏の記録。 新型コロナウイルスの拡大による史上初のインターハイ中止。番組では全国有数の水泳強豪校、日大豊山高校に3か月間カメラを入れた。インターハイに高校生活最大の目標を掲げてきた高校生。大会中止当初から自暴自棄になる者、競技続行や進学の不安に揺れる者も。そうした中、学校側が前を向いてほしいと急遽設けた8月の代替大会も新型ウイルス拡大により開催の危機に直面する。一度目標を見失った高校生がこの夏見つけたものとは

次回のエピソード

  • 総合
    10月25日(日) 午前6:10 午前6:45

    感情をコントロールできない男の子、光や音に敏感な子、仲間との関係をうまく作れない中学生…。発達障害の子どもたちがともに過ごす“障害児の学童保育”に密着した。 発達障害などの子ども20人が通う佐賀県の放課後等デイサービス「ガラパゴス」。モットーは「断らない」。全国で同様の施設が1万4000か所あるが、障害の程度を理由に受け入れを拒否されるケースもあるという。代表の小柳由加里さんも2人の発達障害の子どもを育てる母。生きづらさを抱えた子どもたちでも「いきいき暮らせるように理解してあげたい」と全力で向き合う。時間がかかっても一歩ずつ歩み続ける子どもたちを追う。

    10月25日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • 総合
    10月18日(日) 午前6:10 午前6:45

    埼玉県の美術館にある『原爆の図』。原爆の惨状を描いた全15部からなる作品だ。夏、この絵と出会ったのは、今の社会に生きづらさを抱える大学生たちだった…。 埼玉県東松山市にある『原爆の図 丸木美術館』。展示されているのは、広島・長崎の被爆者の証言などをもとに原爆の惨状を描いた『原爆の図』。画家の丸木夫妻が、72年前から描き続けた、全15部からなる作品である。この夏、『原爆の図』と出会ったのは、イジメや家庭不和など、今の社会に生きづらさを抱える大学生たちだった。学生たちは、絵に描かれている人々の“命”をみつめ、何を考えたのか。絵をめぐる夏の物語である。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

自分とは関係ないと思っていた、 知らない現場、知らない思い。 そこで懸命に生きる人の姿を通じて、 “遠い問題” が身近に感じられるようになったり、 “知らない人” を想う心が少し豊かになる…。 「目撃!にっぽん」は、そんな番組を目指しています。 【テーマ曲】ウォン ウィン ツァン「夜明けのまなざし」

放送

  • 総合
    毎週日曜 午前6時10分